HOME 会社情報 事業紹介 TOPICS 拠点一覧 採用情報 CSR活動

TOPICS

Information

[2020/11/09]【ArtHall展示】「石原実展  MINORU ISHIHARA EXHBITION」を開催

【石原実展  MINORU ISHIHARA EXHBITION】

会期:2020年11月9日(月) ~ 11月27日(金)
8 : 30~20 : 00

会場:天王洲セントラルタワー1F・アートホール
※土・日・祝日休館

観覧料:無料

 

作家紹介:

石原実(いしはら みのる)

 1951年東京都に生まれる。手描友禅 竹田耕人氏に師事。
朝日現代クラフト展準グランプリ、札幌芸術の森クラフト大賞、金沢工芸大賞コンペティション大賞。個展、グループ展で染色家として活躍。

[2020/09/23]【ArtHall展示】「日比淳史展」を開催 (2020/9/23~10/30)

【日比淳史展】

会期:2020年9月23日(水)~10月30日(金)
08 : 30~20 : 00
(最終日は19:00まで)

会場:天王洲セントラルタワー1F・アートホール
※土・日・祝日休館

観覧料:無料

 

作家紹介:

日比淳史(ひびきよし)

1991年東京藝術大学工芸科卒(1993年同大学院鍛金修了)

主に金属作品を制作発表するかたわら、テレビ/映画などのメディア参加、モニュメントやインテリアの制作、店舗/空間デザインなどを出がける。主な作品にNHK「音のある風景」、フジTV「鹿男あをによし」、テレビ朝日「やすらぎの郷」、アクアマリンふくしま野外彫刻、災害公営住宅モニュメントなど。

 

 私は表現の多くに「鉄」を使っています。錆びて、やがて土に帰る「鉄」は、死んで土に帰る人のようで、金属なのに親近感があるからです。本展示では、長年続けている、素材の持つ時間性のコンセプトに光を使い、アートホールの空間作りを強く意識しました。

 

日比淳史 作品集リンク

[2020/09/07]【ArtHall展示】
「工芸総合演習2020「横断する工芸」
 東京藝術大学工芸科 学部3年生 課題作品展示」を開催 (2020/9/7~9/18)

【工芸総合演習2020「横断する工芸」
 東京藝術大学工芸科 学部3年生 課題作品展示】

会期:2020年9月7日(月)~9月18日(金)
08 : 30~20 : 00
(最終日は19:00まで)

会場:天王洲セントラルタワー1F・アートホール
※土・日・祝日休館

観覧料:無料

[2020/08/03]【ArtHall展示】
「『BEYOND GAMES - ART EXHIBITION in TOKYO』 -オリンピック・パラリンピックにまつわる彫刻- 東京2020応援プログラム」を開催 (2020/8/3~9/4)

【『BEYOND GAMES - ART EXHIBITION in TOKYO』 -オリンピック・パラリンピックにまつわる彫刻- 東京2020応援プログラム】

会期:2020年8月3日(月)~9月4日(金)
08 : 30~20 : 00(最終日は19:00まで)

会場:天王洲セントラルタワー1F・アートホール 
※土・日・祝日休館

観覧料:無料

[2020/05/01]【企業情報】
ブルーライトアップによる医療関係者への謝意

【企業情報】ブルーライトアップによる医療関係者への謝意

新型コロナウイルスの世界的流行に合わせ国内外ではブルーのライトアップを行って医療関係者等への感謝を表す取組みが広がっています。
水際に面した天王洲アイル地区においてもこの感染症治療に尽力する医療関係の方々に謝意を表し、弊社が運営する天王洲セントラルタワー北側側面及び天王洲水門(東京都)にて、5月から毎日19:00より親水性のあるデザインのブルーライトアップを官民協同により行なっています。
お時間のご都合が付く方は是非ご覧下さい。

天王洲セントラルタワー

天王洲セントラルタワー

天王洲セントラルタワー

弊社天王洲ピアから臨む天王洲水門(東京都)

弊社天王洲ピアから臨む天王洲水門(東京都)

[2020/04/16]【企業情報】
(追報)新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発出と弊社対応について(4/16~)

【(追報)新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発出と弊社対応について】

新型コロナウイルス(COVID-19)の急速な感染拡大の状況から、4月7日、政府より緊急事態宣言が発出され、それを受け、対象の7都府県知事から都府県内各企業に対して、テレワーク等により域内通勤を極力控える旨の要請が出されました。

そして本日政府より、人の移動を最小化する観点から、緊急事態宣言の対象地域を全国に広げる旨の発表がありました。

弊社においては、すでに築地本社と大阪支店においてテレワークを実施しており、その他の拠点においてもトライアルを実施中でありますが、今般対象地域が全国に広げられたことを受け、名古屋支店と広島営業所に於いても、下記要領にてテレワーク態勢のさらなる推進をして参ることと致しました。

 お取引先様に対しましては、極力通常通り対応させていただく所存ではございますが、テレワーク態勢下で、何らかのご不便をおかけすることもあろうかと存じます。

誠に恐縮ではございますが、事情ご高察の上、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(1)テレワーク期間 :4 月13 日(月) から当面の間

(2)テレワーク対象拠点 :築地本社、大阪支店、名古屋支店、広島営業所

(3)テレワーク期間中の業務対応:

①極力、携帯電話もしくはメールにてご連絡を取らせていただきたく存じます。

②FAX につきましては、通常通り対応させていただきますが、
差支えなければPDFもしくは画像をメール添付にていただければ幸いです。

③郵便物についても同様に、通常通り対応させていただきますが、
お急ぎの場合はメールまたはお電話にてご連絡いただければ幸いです。

以上

↑